メディア系企業で広がる活用
広告・放送・出版業界で Dropbox Business が選ばれる理由(ワケ)

多くの企業で在宅勤務が推奨されている今、大容量コンテンツを多く取り扱うメディア企業から「社外でもストレスなく業務を遂行したい」という目的で多くのお問い合わせをいただいております。

そこで、本ウェブセミナーでは、ファイルサーバ、メール、ファイル転送サービスに分散したコンテンツデータ Dropbox Business に統合・移行したお客様の成功事例や、海外を含めた外部ライターとのコンテンツ共有を加速して、納期短縮や記事のクオリティー向上を実現する情報共有システムなど、実際の活用法をご紹介します。

  •  編集や製作にかかる時間と経費を削減したい
  • 編集中のデータと後で流用もしたいアーカイブデータの一元化をしたい
  • 外部ライターと動画や画像などリッチコンテンツを短時間で共有したい

本セミナーではこのような課題を抱えられていたお客様が、Dropbox Business の活用でどのように業務改善をされたか、事例とデモを交えてご説明いたします。

 

アジェンダ:

- メディア企業における在宅勤務のストレス

- 広告・放送・出版業界で Dropbox Business が選ばれる理由

- 導入企業様での活用事例

- 費用対効果の考え方

- 最新機能: Creative Tools Add-on のご紹介

 

 

開催日時:2020年11月18日(水) 15:00-16:00

開催形式:ウェブセミナー(Zoom)

 

講師:Dropbox Japan

インダストリー・リーダー 千葉 俊輔

 

<ご注意事項>
*本ウェビナーはユーザー企業向けとなっております。

*フリーアドレスでご登録いただいた場合、受講票をお送りできませんのでご了承ください。

*競合製品の取り扱い企業および、その関連会社の方からのお申し込み、お問い合わせはご対応できかねますのでご了承ください。

*お申込みフォームが正しく表示されない場合は、ブラウザのシークレットモードで再度お試しください。”送信”ボタンが表示されている場合は問題ございません。

*今後のウェブセミナーの予定はこちら*

*お申込みフォームが正しく表示されない場合は、ブラウザのシークレットモードで再度お試しください。”送信”ボタンが表示されている場合は問題ございません。