ここから始める、
脱 PPAP・パスワード付き添付ファイルの廃止

2020 年 11 月 26 日から内閣府、内閣官房でパスワード付き添付ファイルが廃止され、この動きが民間企業でも急速に進んでおり、クラウドストレージへの注目が高まっております。パスワード付き Zip ファイルをメールに添付し、パスワードを別送する手法は、かねてより、様々な形でその「安全性」が問題視されてきましたが、今回政府の動きを受けて、本格的にその「廃止」に取り組まれている企業が増えてきております。

通称 PPAP の廃止に取り組んでいる企業で、当社にご相談いただく皆様が最重要視されているのが「使い勝手の良さ」です。セキュリティを高めるために、PPAP を廃止した結果、「シャドー IT」を促進してしまっては本末転倒である、と言うことが理由です。

本ウェビナーでは、「パスワード付き添付ファイル」が発生する業務を踏まえたユースケースをご紹介し、デモを交えた形でなぜ Dropbox Business が「使い勝手」でご評価いただいるのかを紹介します。

 

アジェンダ

- PPAP /パスワード付き 添付ファイルが発生する業務
- 想定すべきリスクと対応策
- Dropbox Business のご紹介とデモ


開催日:
2021 年 1 月 21 日(木) 15:00-16:00

開催形式:
ウェブセミナー(Zoom)

 

Dropbox Business

講師:

Dropbox Japan

 

<ご注意事項>
*本ウェビナーはユーザー企業向けとなっております。
*フリーアドレスでご登録いただいた場合、受講票をお送りできませんのでご了承ください。
*競合製品の取り扱い企業および、その関連会社の方からのお申し込み、お問い合わせはご対応できかねますのでご了承ください。

*今後のウェブセミナーの予定はこちら*

 

お申込受付は締め切りました。

たくさんのお申し込み
ありがとうございました。