【オンデマンドウェビナー】
「加速」する建設デジタル革命、
 データのクラウド一元管理がもたらす意義

建設 DX が加速している中、データ管理方法はオンプレミスが中心の企業が多い。セッションでは、DX を推進するために、データをクラウド上で一元管理することの意義を説明する。セキュリティや、活用を高めるための機能を紹介するとともに、データを集約することで導入効果を得た戸田建設と飛島建設の事例を取り上げる。


アジェンダ:

  1.  建設業界における「デジタル革命」の加速
  2.  データのクラウド一元管理がもたらす意義
  3.  クラウドにデータを集客した建設ユーザーが語る、予想外の導入効果


*本動画の内容は、撮影時のものとなっております。*

 

 

<ご注意事項>

*本オンデマンドウェビナーはユーザー企業向けとなっております。
*フリーアドレスでご登録いただいた場合、受講メールをお送りできませんのでご了承ください。
*競合製品の取り扱い企業および、その関連会社の方からのお申し込み、お問い合わせはご対応できかねますのでご了承ください。


*今後のウェブセミナーの予定はこちら*